皆さん知っていましたか?

 

下着の選び方で美容に悪い影響があると言うことを。

 

 

とくに風俗店やキャバクラなどの、男性客を濃厚なサービスで接客するお仕事をしている若い女の子たちは、自分のボディサイズよりも小さめな下着を選びがちですから注意してくださいね。

 

私も愛知 風俗求人の記事で知ったのですが、それからは下着選びにも注意しています。

 

でも、どうして体のサイズに合っていない下着を身につけているだけで、美容のトラブルを心配しなければならないのでしょう。

 

 

その訳はわたしたち人間の持っているし「新陳代謝(しんちんたいしゃ)」というシステムに関係があります。

 

この新陳代謝というのは何だか難しそうな響きですが、簡単に言うと「体の古くなった細胞を、新しく元気な細胞と入れ替える」と言うことになります。

 

ですからこの新陳代謝の働きが活発に行われていれば、いつまでも若々しく健康で生活することが出来るのです。

 

 

もちろんそのためには、体の持っている新陳代謝の働きを上手に促してあげる必要があります。

 

でも、そこで自分の体に合わない窮屈な下着が、体を締め付けているとしたらどうでしょう?何を大げさなことを言っていると思う人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、これは本当のことなのです。

 

じつは池袋のデリヘル情報サイトの記事でも同じようなことが紹介されていましたのでご紹介します。

 

 

わたしたちの体が新陳代謝の働きで、細胞が生まれ変わるためには、体の隅々まで張りめぐらされている血管を通して、細胞に栄養が送られなければいけません。

 

試しに自分の手首をギュッと握り締めてみてください。

 

どうですか?すぐに血液の流れが止まって、指先の色が今までの健康的な肌色から、白っぽい色に変わってしまいましたね。

 

これは手首を握り締めたことでそこから先の血管に血液が送られなくなってしまったからです。

 

 

同じことが体の大切な部分で起こっていたとしたらどうでしょう。

 

それも体の合わないサイズの下着を身につけているだけでも、血液の流れを妨げてしまうことが実際に起こっているかもしれないのです。

 

 

とくにサイズの小さなビキニショーツをはいている女の子は注意しなければいけません。

 

足の付け根にある大きな静脈血管は皮膚のすぐ下にあるために、締め付け感の強いビキニショーツやガードルなどの圧力で血液の流れが妨げられてしまうからです。

 

具体的にはこちらのデリヘルサイトのグラビアの子のようなショーツは注意が必要ですので、ご覧になってみてください。

 

そうすると、体の中の血液を心臓に送り返す仕事をしている静脈の流れは、正常に流れることが出来なくなり、細胞の中にある余分な水分や老廃物を回収して外には移出することが満足に出来なくなってしまいます。
そうすると体の中に水分や老廃物がどんどん溜め込まれてしまうために、細胞の生まれ変わる機能が十分に働かなくなるだけでなく、余分な水分がたまって下半身のムクミとして現れてくるのです。

 

 

これはサイズの合わないショーツやガードルをはいている場合だけではありません。

 

アンダーバストの窮屈なブラジャーをしていて、背中に下着の後が残っているような人には同じようなことが起こっているかもしれないのです。

 

 

美容の基本は、自分自身が健康になることです。

 

そのためには、自分のボディサイズにぴったり合った下着選びから始めましょう!

 

私は現在、池袋 風俗求人でお仕事を探している最中なんですが、しっかりした下着選びで健康と美容に気をつけているので、アラサーになっても働けるお店がいっぱいあります。

 

風俗のお仕事って若いほうが有利なのは確かですが、健康と美容に気をつけて、できるだけ長く働きたいと思っています。

更新履歴